最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE9以上推奨

院長からのメッセージ

当院は開業以来22年間、整形外科を中心に診療活動を行ってまいりました。
整形外科とは骨、関節、筋肉等の運動器系の外科で首からつま先まで臓器以外のほとんどが診療対象です。
その中で、股、膝等人工関節置換術を中心とした関節外科、首、腰などを扱う脊椎外科および骨折等の外傷外科を主に手術療法による医療活動を行っています。
手術療法は速やかに社会、家庭復帰をしていただくため手術侵襲をできるだけ小さくし、術後早期に離床、リハビリテーションを行えるように心がけています。
また、手術療法以外にもリハビリテーションによる運動機能回復や関節リウマチ等の有効性の高い薬物療法にも力を注いでいます。

当地区では農漁業を主産業とされてきた方々が多く、これらの長年にわたる労働からくる中高年齢者特有の腰、関節障害が多く見受けられます。年齢に合わせた治療を選び運動障害や疼痛の緩和に努めます。
今般、整形外科医療の一層の充実をはかるため野口康男が副院長として赴任しました。専門は股関節外科、小児整形外科です。新しい視点で診療に従事し、皆様の一助になることを期待します。よろしくお願いいたします。
整形外科と併せ生活習慣病等の内科疾患につきましても地域の皆様に信頼される効率的な医療の確立に職員の英知を結集し努力してまいります。