最新のInternet Explorerでご覧ください。

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、このウェブサイトを正しく表示することができません。
マイクロソフトのホームページで最新バージョン(無料)を入手してください。※IE9以上推奨

手術室は最新設備を導入。あらゆる整形外科疾患の手術治療に万全の体制です。

主な診療疾患と外科的治療の実績

股関節疾患

  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死症
  • 骨切り術
  • 人工関節置換術
  • 大腿骨頭骨切り術
  • 人工骨頭置換術

膝関節疾患

  • 変形性膝関節症
  • 膝骨壊死症
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 内視鏡手術
  • 高位脛骨骨切り術
  • 人工膝関節置換術
  • 靭帯再建術

脊椎疾患

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 脊髄腫瘍などの外科的治療

肩関節疾患

  • 腱板再建術
  • 内視鏡手術

高齢者の整形外科

  • 骨粗鬆症
  • 大腿頚骨部骨折
  • 膝蓋骨々折
  • 上腕骨骨折などの骨折
  • 各部位の骨接合術

スポーツ整形外科

小児整形外科

手の外科

手術風景
手術風景
手術風景

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症とは、骨量が減少(骨がスカスカになった状態)して、骨が脆くなった状態です。お年寄りの女性に多く日本では約1,300万人の人がいると言われています。人間は20~30歳代が骨量が最も多くその後は減少して行きます。予防は、骨量を増やし減らないようにすることが大切です。そのためには日頃から、充分なカルシウムを摂ることと運動することを心掛けることです。

最近では骨量が減ることを防ぐ様々な薬が開発されていますのでその人に合った薬を選択し骨折が起こらないようにすることです。万一、骨折した場合はできるだけ早く体を動かすことがその後の障害を軽くしますので手術を勧めます。手術もすぐに起きられる方法を選んでいます。専門医にご相談下さい。

麻酔科

安心、安全な手術環境の提供のために、神経、呼吸、免疫、内分泌など臓器・組織機能を理解して、術前、術中、術後と一貫した全身管理を行い、質の高い周術期管理を行います。